検索
  • あさりん店主

「元気をもらいました」の秘密

こんにちは😃あさりん店主の「たか」です。


いよいよ食欲の秋が来ましたね🤨

好評いただいているワッフル🧇も美味しいんですけど、やっぱり秋はおだんご🍡ですね〜。


気温、湿度がおだんご作りには最高になってきます。お月見とだんごがセットになってるのも意味があるんでしょうね。


ところで「親切は人のためならず」って言いますよね。


ボランティアとかに行った人が「私達の方が元気をもらいました!」なんて言ったりもします。


あるいは、スポーツを応援して「元気をもらう」なんてこともありますね。


これって何なんでしょう?🤔🤔🤔


店主はごく単純に


他人のために何かすると元気になる


ってことなんじゃないかと最近思うわけです。


元気を誰かに「もらう」んじゃなくて、自分の中から湧き出してくる。そして、そのスイッチは「他人のために何かする」ことだと。


もしかするとアドレナリンとかエンドルフィンとか分泌されて元気になるのかもしれないし、空から「気」が降りてくるのかもしれません。


どういう仕組みかはわかりませんが、たぶん人はそういう風にできてるんです。だって食べる事にしても、寝る事にしろ、◯◯にしろ


生きるのに必要な行為は気持ちが良いんですから!✌️✌️👍👍





ですから「親切は人のためならず」っていうのは「巡り巡って自分のためにる」だけじゃなくて


親切にしたその場で自分のためになる(元気になる)ってことを教えているんだと思います。


天災にあって困っている人を助ける、選手が勝利することを心から願って応援する、そうした「他人のため」に何かした時、その瞬間に人は元気になるんです。


繰り返しますが、助けた人から元気を分けてもらうんじゃないんです。そんなことしたら助けられてるのに疲労困ぱいしてしまいます😱そうではなくて


助けられた人も元気になって、助けた人も自分で勝手に元気になる🥳


おお!ウィンウィンの関係じゃないですか!🤨✌️


文字通り元気倍増です🎉


というわけで、何かの折に助けられた人も、むやみやたらに遜って感謝してばかりいることもないんです。


だって助けた人も元気になったんですから。助けられることで、助けた人が元気になる手伝いができたんです。


もっと言えば、助けられる人がいなければ、助けて元気になることもできないんです😱😱😱


ちょっとややこしくて、どこかの坊さんみたいな話になってしまいましたかね?


て、ことでまた次回。落ちはありません、あしからず〜😅😅




48回の閲覧

最新記事

すべて表示

イヤホン型自動翻訳機

去年の今頃は英会話🧐🧐にハマってまして、YouTubeのみならずオンライン英会話なんてものにまで手を出して、地球の裏側のアフリカはジンバブエ🇿🇼や欧州セルビア🇷🇸の先生(?)と会話を試みたりしておりましたよ🤓🤓🤓 ほんとの初心者コースから始めたのですが、そもそも先生が日本語できませんから😱😱😱テキストからちょっと離れると何を質問されてるのか、何を指摘されてるのかも分からない

自分のことを自分でできて、やっと半人前です

「自助」「共助」「公助」ですか🥺🥺🥺 もう皆さん言ってますけど、自分で自分を助けたり、隣の人と助け合ったりするだけなら政府なんて要らないわけでして🤪🤪 自分たちだけではなんともならないから国家という共同体を作ってるはずなんですけどね。 震災以来ボランティアを折り込んで対策を計画する行政とかと同じで語義的に間違ってますね😣😣😣 ところで「人生どんなにがんばったって思うようにならないこ

  • Twitter
  • Instagram

All copyright by Asarin